男女のもつれから相手側がストーカー化した場合、警察は介入しにくい



男女のもつれから相手側がストーカー化した場合、
警察では介入しにくい場合があります。警察は公的機関ですから、
一方だけの話を聞いて一方だけを悪者には出来ません。

“善と悪の区別”(証拠)が必要になります。

とても悔しいことなのですが、ご相談者様がストーカー被害を立証する必要があります。

そうでなければなかなか警察は動いてくれません。

また、もしそのような状態にもかかわらず中途半端に
介入されてしまうと、もっと“深刻な状況を招く”こともあり得ます。

被害を受けている本人は、仕返しが怖いなどの理由で
ただ我慢してしまう傾向があります。

その場合には、家族や周りの人からの助けや依頼も必要です。
取り返しがつかない事になる前に、早期のご相談をおすすめします。

ストーカー

あなたが好意を持っていない人間や、
身に覚えのない人間から執拗につけまわされたり、
迷惑行為をされるという“ストーカー行為”が
数多く発生しています。

最悪、殺人事件に迄発展しているケースが
近年見られます。

又、加害者は自分をストーカーとは
思っていない事が多い為、証拠を取って対処しないと
エスカレートしてくる事が多いです。

145 thoughts on “男女のもつれから相手側がストーカー化した場合、警察は介入しにくい”

  1. ピンバック: 縁結び
  2. ピンバック: - 格安英語留学

コメントは停止中です。