POLAのホワイトショット!シミのもとメラニンを狙い撃ち!最先端の美白技術

POLAのホワイトショット!シミのもとメラニンを狙い撃ち!
最先端の美白技術で あなたもすぐに新美白体験!

シミのもとメラニンを狙い撃ち【ホワイトショット】 根本にあるのは、ヒトが持つ力に着目した「生体※美白」という考え方。

従来の美白研究からの発想の転換によって、新たな美白メカニズムを発見しました。
これまでの常識を覆したら、これまでにない答えが見えてきた。

ヒトが持つ美しくなる力を高める。
本気の白を、ぜひ。肌が本来持つ美しくなる力に着目

まっさらに冴え渡る
透明感あふれるような肌を目指す

集中※美白※美容液ポーラ研究所はシミ・くすみの原因となるメラニンの発生源
“メラノサイト”に関する新たな事実を解明しました。

ポーラの【B.A RED】スキンケアシリーズ 赤の跳躍美。頬からV字方向へ。

頬を引き上げる「張力コラーゲン構造」に着目した本格エイジングケア。

エイジング変化は「頬」に集中的に発生するという事実に
B.A REDは着目しました。
そこでB.A REDは、若々しい「頬」を保つために、
小鼻からこめかみへと向かう「コラーゲン構造の密度」に着目し、

【テクノロジー1】コラーゲンバイオアクティブ理論に基づく保湿成分
【テクノロジー2】新処方「ナノルートカプセル」による浸透スピード

2つのテクノロジーで頬のV字上向き実感をお届けします。

背中ニキビのケアから、ニキビができにくい肌へしっかりケアできます。

サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムの有効成分がW主剤になりパワーアップ!!
いま現在の炎症している背中ニキビのケアから、ニキビができにくい肌へしっかりケアできます。

また35年の肌湿潤浸透技術を応用し、顔の7倍厚い背中の皮膚でもしっかりと有効成分を肌に届けることができます!
「色々な商品を試してきたけどダメだった…」というお客様にも 安心して購入できる“60日間の返金保証”もついています。

1,研究開発された独自の浸透技術、「ナノBテクノロジー3.0」を採用!
 (10億分の1メートルまで小さくした有効成分をお肌の奥まで浸透させます)

2,サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムのW主剤でしっかり背中ニキビをケア!

3,ノンアルコール、ノンシリコン、無鉱物油、石油系界面活性剤フリー、合成香料フリー、合成着色料フリー

4,日本に限られた工場しか持っていない、「ナノ乳化」「ブースター」技術を採用!
 (リプロスキンの後に使う化粧品の美容成分もお肌に引き込みます)

赤ら顔や酒さに悩む多くの方は、お肌のバリア層が健全なお肌に比べて薄い状態

【化粧水】
●敏感肌、乾燥肌など肌トラブルに本気で悩む方のためのオールインワン化粧水です。

●「ブースター(導入液)」「化粧水」「乳液」「美容液」「ふき取り洗顔化粧液」の5つの機能を兼ね備えたオールインワンの商品です。

●赤ら顔や酒さに悩む多くの方は、お肌のバリア層が健全なお肌に比べて薄い状態です。

お肌のバリア層の主成分はセラミドから出来ていますが、「ULUシェイクモイストミルク」にはこのセラミドをたっぷりと配合しているため、
お肌のバリア層を正常な厚みに導くことができます。
肌トラブルを解決する肌質改善型のスキンケア化粧品です。

●非常に浸透力が高く、お肌の中にぐんぐんと吸い込まれていくような、独特の使用感です。

●浸透力が高いため、お肌の負担になる恐れのある成分は一切排除しています。
「防腐剤」「界面活性剤」「香料」「着色料」「感触改良剤」など、一切配合していない完全に無添加の化粧品です。

(石油系防腐剤フリー・石油系界面活性剤フリー、という商品はたくさんありますが、
本当に全ての防腐剤と全ての界面活性剤を配合していない、完全に無添加の処方です)

メールの履歴やSNSのつながりで発見した「浮気疑惑」

最近、携帯を見る時間が多くなった。
携帯やパソコンにロックをかけるようになった。
休日出勤や一人での外出が増えた。
友達から、夫のよからぬ噂を聞いた。
怪しいメールを見てしまった。
Facebookのつながりで、夫の嘘を見破った。



近頃、急増しているのが、メールの履歴やSNSのつながりで発見した「浮気疑惑」!!

ですが、これだけでは「浮気の証拠」にはならないんです。
離婚裁判の際にも、浮気を断定する証拠には足らず、

他の物的証拠との積み重ねがなければ「浮気」や「不倫」を
認めさせることができません。

夫婦間であっても、相手のSNSに勝手にログインするのは「不正アクセス防止法」に違反する違法行為です。

訴えるまでは行かないとしても揉めるのは確実…。
あるアンケート結果では、女性の約4割は、

「彼氏や夫の携帯を勝手に見たことがある。」
と回答しています。

気になるのもわかりますが、やり過ぎは禁物です。