ローン完済後は無担保の土地と建物が残る現物投資



シノケンのアパート経営は他投資とくらべてリスクが少なく(コントロールできる)、

長い期間にわたってリターンが見込める投資手法であること。 (投資初心者でも、また本業が忙しい方でも可能)

ローン完済後は無担保の土地と建物が残る現物投資であることも他投資と比較した場合の大きなメリットとなる。

融資でレバレッジを効かせ、少ない自己資金で大きな資産を得ることが可能

(ローン完済後の)家賃収入を老後の年金対策としても活用可能。

アパート経営の融資には「団体信用生命保険」が組み込まれておりオーナー本人にもしものことがあった場合、

この保険からローンの残額が完済されるため残された家族は家賃収入や土地建物の売却代金を受け取り その後の生活資金とすることが可能。

頭金0円!土地なしでもできるシノケンの不動産投資

94 thoughts on “ローン完済後は無担保の土地と建物が残る現物投資”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です